この記事を書いた人

arasaki-sama-profile新崎 香織
1%の可能性を可能にするライフコーチ。夢に描いた人生を引き寄せ、3ヶ月であなたの新しい最高の人生をクリエイトします。スピリチュアル/エグゼクティブライフコーチ。やんちゃな3人の男の子のママ。 ⇒詳しいプロフィールはこちら 
●Facebook 

朝からやる気が起きない時


今日のテーマは「朝からやる気がない時」です。

誰にでも頑張って気持ちをあげようとしても
なかなかポジティブになれない時はあると思います。
何となく朝から気分が乗らない、
やる気が起きない
テンションが低いという時。
さてどうしたら良いのか?

そういう時は何も考えずに体を動かしてみましょう。
ジョギング、ヨガ、テニス、水泳など何でもいいのですが、
「あ~!運動した!!」と実感できるものの方が良いでしょう。

95a6eb9ee16c062e9de61856a56bccf4_s
df606d16ca3af7764078b8113b5537dc_s

e6fdbe6be200007ea89d3107b4dad552_s
心と体は密接につながっています。

心の不調は体の不調につながることはよくご存じですね。
反対に体調が悪いと精神にも影響します。

つまりは身体の状態が良くなるとおのずと心の状態も良くなるのです。

心がネガティブになってしまう時、無理に心をなんとかしようとせず、
思い切り体を動かし、ヘルシーな食事を食べることをお勧めします。

また気分が乗らなくても、人に明るい声で挨拶する、話しかけてみる。
そしていつもより1トーン高い声を意識的に出すこと。

これだけで体の状態が引き上がるので、
自然と気持ちが上がっていくことを実感すると思います。
身体の状態がよくなると心の状態もそれに影響されて上がっていくのです。


私はテンションが低い時は外では1トーン声をあげて話すようにしています。
そのせいか「いつもテンション高いね。元気だね!」と言われるのですが、
そういわれることで、
「そっか、私テンション高いんだ。」と思って元気になれるのです。

身体を動かすこと=アクティブになる=心も動いていく
単純なことなんですが、人は身体の状態に心が影響されることは多々あります。
私の加圧のコーチが、
積極的に体を動かしている人は明るくて
ポジティブな人が多いと話していましたがそれも納得。
確かに周りを見てみても継続的にスポーツをしている人で
ネガティブな人ってなかなか思い浮かびません。
私もたまに疲れていたり気分が乗らなくて
加圧をお休みしたくなる時があります。
でも重い腰を上げてやってみると
とても気分が上がって「やっぱりやってよかった」と思うのです。

運動する目的として
健康でいたい(なりたい)
スタイルを良くしたい
楽しみたい

という人が多いと思いますが、
これらはすべて「自分を可愛がっている、大切にしている」
ことに繋がっています。
ネガティブになってしまうと、ついその原因にフォーカスしたり、
自分の嫌な部分と向き合って落ち込んでしまいますが、
自分自身を愛し、よく見つめ、
心が沈んでいる時は体をUPテンポに動かしてみましょう。
気持ちがポジティブにならなかったら、身体からポジティブにしてみる。
ちょっと意識してやってみてください。

きっと何かが変わっていくと思います。

■メルマガに登録する

メルマガ登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

KaoriArasaki

新崎 香織 1%の可能性を可能にする。夢に描いた人生を引き寄せ、3ヶ月であなたの新しい最高の人生をクリエイトします。あなたの人生に魔法をかけるライフコーチ。3人のやんちゃな男の子のママ。