この記事を書いた人

arasaki-sama-profile新崎 香織
1%の可能性を可能にするライフコーチ。夢に描いた人生を引き寄せ、3ヶ月であなたの新しい最高の人生をクリエイトします。スピリチュアル/エグゼクティブライフコーチ。やんちゃな3人の男の子のママ。 ⇒詳しいプロフィールはこちら 
●Facebook 

体調が悪い。けど原因が分からない(2)

クライアントさんからよく聞く「原因不明の体調不良」や「疲れ」。
その原因の一つを前回記事に書きました。
詳細はこちらから

この記事を書いたら、さっそく色んな方から「めっちゃ思い当たるーーー!!!」と連絡をいただきました。

 

mimi
特に疲れることはしていないし、原因1も思い当たらないの。でも疲れるのはどうして?もう歳なのかな、、、(><)


新崎
一緒に生活している人が原因かも知れませんよ?

モモコ
そうだよ!mimiはいつも旦那がストレス!って言ってるじゃない

mimi
確かにストレス感じることもあるよねぇ。それが疲れの原因か、、、
新崎
ううん、そうじゃなくてね。一緒に住んでいる人が持ち帰ってしまったストレスや精神的疲れや飛ばされた念を家族が無意識に吸収してしまったことで疲れが生じるケースが実は結構多いのよ。
モモコ
飛ばされた念ってなになに??怖いんだけど!!!
新崎
怖がることはないのよ(笑)。ただ一緒に住んでいたり家族だと無意識で助けてあげたいって思って少しでも相手の負担を軽くしてあげようと相手の疲れる原因のエネルギーを吸い取ることで疲れてしまったり、相手にあるネガティブなエネルギーの影響を受けてしまって疲れることはよくあることなの。
mimi
そうなんだ!知らなかった!!そういえばうちの旦那ちゃんはいつも帰ってくると「疲れた、疲れた」ってぐったりしてストレスも多いみたいだなぁ。


さて今日は考えられる原因の2番目です。

 

身近な人が疲れを持ってくる

 

 

 

 

 

 

私のクライアントさんで疲れや体の不調を訴える人で多いのがこのパターンです。どんなパターンかというと、一緒に暮らしている人のストレスが大きく、影響を受けているということです。

私は氣の流れやエネルギーという名に見えないものにとても敏感なので家族の誰かが、外から背負ってきたしまったものを家に持ち込むとすぐ分かるのです。

例えば以前、私が旅行で出かけていて、夫とその友達が子どもたちとしばらく留守番をしてくれていました。帰宅すると家の空気がどんより、、、、。

特に夫の友人が泊まっていた部屋と、夫が寝ていた私の寝室がかなり空気が重く息苦しい。これは彼らが持ち込んだのは明らかだったので、すぐ浄化をしました。すると、どんよりと息苦しかった空気がまるでクーラーを付けたかのようにすっきりと清々しくなったのです。


このようにパートナーや一緒に長い時間を過ごす相手から負のエネルギーを貰ってしまうケースが少なくありません。実際に原因不明の疲れを訴えるクライアントさんの家庭状況をお聞きすると、大抵がパートナーの仕事がきつい、ストレスが多い、人間関係に悩んでいるなどをお聞きします。


ではそういう場合はどうしたら良いのでしょうか?

身近な人から受けるものって?

mimi
そっかー。うちの旦那ちゃんから私影響されて疲れてるのかぁ。なるほど!すごい納得!!

モモコ
なるほどね!本当は彼がストレスから抜け出せるといいけど、なかなかそれはすぐにって無理よねぇ。どうしたらいいのかしら?

新崎
そうですよね。一番の理想はそのネガティブなエネルギーを持ち込まないでもらうのがいいのだけど、それもなかなか難しい場合の対処方法を教えますね。


mimi
是非教えてください!!

モモコ
私もぜひ!!


ではまず、影響を受けてしまう要因について説明しますね。
色々あるのですが細かいことは置いておいて、ザックリいうと、

*その人自身の抱えるストレス
*その人自身にある精神的疲れ
*その人の周辺の人たちが抱えるストレス
*その人の周辺の人たちの精神的疲れ
*その人に向けられたネガティブな念
 (嫉妬、怒り、悲しみ、執念、攻撃、依存など)

こんな感じです。

きっと優しいあなたはお相手の疲れを少しでもよくしてあげたいと無意識で受け取ったり、相手にエネルギーを分け与えていやり、知らず知らず影響を受けているのでしょう。

 

ネガティブなものを受けない方法

 

 

 

 

 

相手からネガティブなエネルギーを受け続けると、そのうち、あなたはエネルギー不足になったり、どんどんと体調不良が進行していくでしょう。
特に一緒に住んでいる場合は『共倒れ』になる可能性があるので、ここはしっかりと受けないようにすることが大切です。




方法その1)
寝室を別にすること
これは難しいことかもしれませんが、寝ている間に影響を受けることは多々あるので一定期間と期間を設けてご自身が回復するまで距離を保ましょう。


方法その2)
塩を使う。

 

 

 

 


古典的な方法ですが、古来より日本は浄化や防護には塩を使ってきました。ストレスなどを持ち込んでくる相手が家に入る前に塩でお清めをしたり、玄関に盛り塩をする(定期的に交換する必要があります)と良いでしょう。

もし、相手の方がそれを信じなかったりやるのを嫌がった場合は、受けやすいあなたが塩を入れたお風呂に定期的に入るようにしてください。
塩の量はコップ一杯くらいが目安です。

塩は加工されたものではなく、天然のものを。
ここはとても重要なポイントです。高いものである必要はありません。


ちなみに国によって防護&浄化方法が異なるので土地土地で合う方法を調べてみてください。
私の住むマレーシアでは唐辛子がよく効きます。


方法その3)
セージを燃やして煙で浄化する。

 

 

 

 

ホワイトセージ(乾燥のもの)は浄化で使われる有名なハーブです。オーガニックのものを選びましょう。火をつけたら火を消して煙だけが出るようにします。煙が浄化作用があるので、人の周りや部屋の中でどよんとする部分を煙で浄化します。


方法その4)
影響を受けないと『決めて』しまう。

 

 

 

 

 

 

これが一番大切な要素です。

病気は「氣」からと昔から言いますが、本人が決めてしまうと現実はそのように動いていきます。「病気は氣から」の意味は、気持ちの持ちようだ、と捉えることもできるのですが、自分で現実を決めてしまう=「私は相手から影響を受けない」と決めてしまうことで本当に影響を受けなくなることも多いのです。

是非、心の中で「私は影響を受けないんだ」

と決めてしまいましょう。



パートナーや近しい関係の人が嫉妬されやすい立場にいたり、ストレスが多い環境にいる場合、本当はその人自身がその状況を何とか改善したいと動かない限りは難しいのですが、、、このままではみんなが影響を受けてしまうということをきちんと話して改善してもらえるように出来るといいですよね(^^)

 

私も昔、夫が非常にストレスの多い職場にして毎日ネガティブエネルギーを家に持ち込んでいて、それはそれは家の中が息苦しくて辛かったです。当時の私は今ほど敏感でなかったので何とか耐えられたのですが、今だったら家出しちゃうかもしれません笑。

あ、そうそう大切なのは「ネガティブなのイヤ!!」と拒否する心を持つことではなく、それはそれで意味があってありだよね〜と認めつつも自分の中に取り込まない、という姿勢です。

あなたが健康で毎日笑える人生を送れるよう、是非自分のプロテクトを実践してみてくださいね。

メルマガ登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

KaoriArasaki

新崎 香織 1%の可能性を可能にする。夢に描いた人生を引き寄せ、3ヶ月であなたの新しい最高の人生をクリエイトします。あなたの人生に魔法をかけるライフコーチ。3人のやんちゃな男の子のママ。