この記事を書いた人

arasaki-sama-profile新崎 香織
1%の可能性を可能にするライフコーチ。夢に描いた人生を引き寄せ、3ヶ月であなたの新しい最高の人生をクリエイトします。スピリチュアル/エグゼクティブライフコーチ。やんちゃな3人の男の子のママ。 ⇒詳しいプロフィールはこちら 
●Facebook 

バリの洗礼はびしょ濡れドボンその1

さて、リトリートの話。


リトリート、あなたは参加したことはありますか?
私は人生初!の参加だったんですけど、前に所属していたスピ系の講座で他人がリトリートに参加を決めた時点から色んな問題が勃発したり、心の中に蓋をしていた感情が爆発したりするのを目の当たりにして

おお、リトリート、恐ろしや、、、、

気軽に参加しちゃあかんな〜〜と思っていた。
が、心のどこかで私は散々自分に向き合ってきたし、リトリート参加してももう出てくるもんはないだろう、、とたかをくくっていました。

が!甘かった!!

参加すると決めてから、、、あれ??私ってこんなに小さなことを気にする人だっけ?こんなに心が狭かったっけ??あれれ?と思うような小さ〜〜いことが気になる気になる!そして心の中がモヤモヤする。

私はもう少し器の大きい人じゃなかったのか?
なんでこんな些細なことを引っかかるのか?

実は決断した時からもうリトリートが始まっていたのです。



で、バリ島に全員バラバラに到着し、私が一番遅れてクアラルンプールから合流。

ちなみに話が逸れるけど私の住んでいるクアラルンプールからバリ島は直行で3時間。近いですよね(^^)

でもね、こちらに住んでいるとシンガポールやタイなど1時間ほどでいける海外や島々がたっくさんあるので、
『3時間かぁ〜〜遠いなぁ。。。』って感じてしまうのです。贅沢ですね。感覚の慣れってある意味恐ろしい!昔はバリ島はかなり近い海外という感覚でしょっちゅう行っていたのに!


で、ネットで検索すると水浴びの浄化を行う寺院の着替え室がやばいくらいに汚くて&男性と同じ場所で着替える!!!、という恐ろしい情報を目にして心がザワザワする私。

「あかん!あかん!おっちゃんと同じ場所でお着替えなんてあかん!」
という小娘のような私と、

「嫁入り前の娘じゃあるまいし、ええやろ〜減るもんじゃないなし。」
というまるでおっさんのようなもう一人の私。

そのせめぎ合いだったけど、小娘ちゃんが勝ったのでさっそくこのリトリートの主催のひとみんに連絡する。

私が嫌って主張するのは何なので、いかにもみんなのことを気遣っているようにいう姑息な私。
「マレーシアで汚いとこも慣れてるので私はいいんだけど(いや、全然良くないし汚いとこ嫌だし、おっさんも嫌だし)、みんなは綺麗な日本からきてカルチャーショックを受けると思うから綺麗なレストランのおトイレ借りて着替えた方がいいかもね〜(いいかもね、じゃなくてそこ思い切り希望!)」と。


結局あれこれやり取りしていたけど、渋滞したりなんだで現地の場所で着替えることになってしまったのです。


これがクバヤ。いろんな色があってとっても素敵!














続く、、、、。

メルマガ登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

KaoriArasaki

新崎 香織 1%の可能性を可能にする。夢に描いた人生を引き寄せ、3ヶ月であなたの新しい最高の人生をクリエイトします。あなたの人生に魔法をかけるライフコーチ。3人のやんちゃな男の子のママ。