この記事を書いた人

arasaki-sama-profile新崎 香織
1%の可能性を可能にするライフコーチ。夢に描いた人生を引き寄せ、3ヶ月であなたの新しい最高の人生をクリエイトします。スピリチュアル/エグゼクティブライフコーチ。やんちゃな3人の男の子のママ。 ⇒詳しいプロフィールはこちら 
●Facebook 

『コロナ時代を生き抜くために必要なこと』

こんにちは。
新崎香織です。

このコロナ渦のお陰か相談やサイキックリーディングの依頼がとても増えてきました。先が見えないこの世の中で不安に感じていらっしゃるのはみんな同じなんですよね。

むしろ、この状況で不安に思わない方が怖いかもしれません。もちろん平素より瞑想などして平常心を保つ努力をしている方は一般的な人よりは平常心を保てるかもしれません。

私の元に相談に来られる方は(来られると言ってもオンラインですが笑)ほとんどが経営者とか起業家の方です。
そりゃそうですよね。
このコロナで9割近くの業種に影響を及ぼしているわけですから経営者が不安にならないわけはありません。

今日はこのコロナ時代を生き抜くために必要なことを話そうと思います。

大切なのは現実を見ること

スピリチュアルをベースにしている私は普段は「現実に引っ張られないでネガティブなことに波動を合わせず、理想の世界に波動を合わせましょう。」と皆さんに伝えています。

この基本はこの今の状況でも大切なんですが、
すごく大切なんですが、
今回に関しては現実をしっかりと見極めて未来を見つめるということがすごく大事になってきます。

どういうことかというと、『きっと大丈夫だろう。なんとかなるだろう』とタカをくくって甘くみてしまうと思わぬ落とし穴があるからです。
特にスピリチュアル関係の人たちの中でふわふわとしている考えの人たちは足元をすくわれる可能性が高いので危険です。

自分が乗っている船が沈みかけているのかどうかをちゃんと見極めて、もし沈みかけているならばどうしたらいいか、を先手先手を打って対策をしていく必要があります。

きっと少し我慢すれば元の生活に戻るだろう。それまでの辛抱だ。

と考えているならば、元の生活には戻らないと覚悟した方が良さそうです。なぜなら今回のことは『大変革』のために起きているからです。

その1:常に気持ちをニュートラルにすること


日々私たちはネガティブなニュースを見聞きします。特にこの状況下ではニュースはコロナ一色。中には明るいニュースもありますが、95%は不安を煽るような内容ばかりです。

自分では平気だと思っていても人は周りに影響されてしまう生き物です。知らず知らず周囲のネガティブな空気に感染していき、イライラしたり、夜眠れないなどの症状が出て来ます。

ましてや外出できない、人にも会えない、今まで通りやって来たことができない、そして仕事に影響が出て来てこの先どうなるの?という不安が増して来て平常心でいることの方が難しくなります。

じゃあどうすればいいのでしょうか?

まずは1日の終わりに自分の感情を観察して『0』に戻すこと。
今の時期はポジティブすぎてもいけません。油断してしまうからです。危機と言われる時代に悲惨な結果になった人たちはネガティブな人よりもポジティブすぎた人たちだと言われています。

そしてもちろんネガティブすぎるのもいけません。精神と身体に悪影響があるからです。

なので一日の終わりに自分の感情がポジティブすぎたりネガティブすぎると感じたらその日のうちにニュートラルな状態『0』にもどしておきます。

その方法については今後また詳しくご紹介しますが、瞑想やマインドフルネスがお勧めです。

 

その2:情報は厳選し接する時間を短くする


ほとんどの人が精神をかき乱される原因は外からの情報です。
ですので、そのためにお勧めの方法を話しますね。

1)出来るだけ自分の気持ちを揺らがせるような情報から遠ざける
2)情報を厳選して接する時間を短くする
  一日にコロナ関連ニュースに接する時間を決めると良いです。
  何時に何分、というように。
3)何を目的でその情報を拾うかを事前に明確にする
4)精神にダイレクトに影響するTVやYouTubeなどの映像はやめて文字ベースのネットニュースのみにする
5)Twitterを検索するときは短時間で!

多くの方は無意識でテレビのニュースやYouTubeをみます。
でも!映像と音の影響力って半端ないんですよ。特に大人より子どもへの影響が大きいので恐ろしいニュースなどはお子さんがいる家庭ではみないことをお勧めします。
子どもは吸収力があり、判断能力が未熟なのでダイレクトに心に情報が入ってしまいます。

我が家にはTVはありません。マスコミで報道されるニュースは操作されたものが多いし無駄に大げさに作っているものばかりだからです(もちろん優れた番組はたくさんありますが、子ども達はYouTubeの方が好きなんですよね笑)

コロナの感染者数の増加とか、コロナの発生がどこからか、とか、陰謀とか、ワクチンの開発状況を知らなくてもあなたの生活に一切の支障はありません。芸能人が感染したことや退院したことを知らなくてもあなたの生活には関係ありません(だってその人と会うこともないだろうから笑)

Twitterは情報の早さではピカイチですが、フェイク情報が最も多い媒体でもあります。またこういう危機的状況では人々が不満や批判や非難を表現するのに適した媒体なので全体的にネガティブな波動が多く敏感な方はTwitterを開いただけで具合が悪くなると思います。

SNSにおいては信頼できる人を厳選し、その人の発信のみを拾うようにしましょう。

大切なことその3:メンタルを強化する




現実的にこの危機的状況に対応していくことはとても大切ですが、それよりも大事なのは『メンタルを強化すること』です。

メンタルの弱い方は危機的状況になるとメンタルの状態に引きずられてしまい正常な判断ができなくなります。
まずは鍛えるべきはメンタルです。メンタルは筋肉と同じようなもの。鍛えれば鍛えるほど強くなっていきます。
日頃からメンタルを鍛える訓練をしているといいのですが、それをしてこなかった場合は、専門家の力を借りるのが一番てっとり早いです。

なぜなら危機的状況でゆっくりとメンタルを鍛えていたら手遅れになる可能性があるからです。

カウンセラー、コーチ、ヒーラーなどいろんな職業の方がメンタルを支えるサポートをしてくれますので、自分はメンタルが弱いなと思ったらぜひ専門家の力を借りてください。日本では根性論でメンタルを鍛えよう!と言ったり、メンタルの弱さを非難する傾向がありますが、欧米ではカウンセリングを受けるのは普通です。
私は心を扱う専門家なのでここは強調してお伝えしたいのですが、メンタルは根性でなんとなるものではありません。身体と違って目に見える症状が出にくいだけに厄介なのです。身体が弱ったら医師の意見を聞くように、メンタルがちょっと弱ったなと感じたら友達や家族に相談するのではなく専門家に聞くのをお勧めします。


以上、まだまだたくさんお伝えしたいことはあるのですが今日はこのくらいにしておきましょう。


最後に動画でこれについてお話ししているのでこちらも参考にしてみてくださいね。





ではまた!

メルマガ登録はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

KaoriArasaki

新崎 香織 1%の可能性を可能にする。夢に描いた人生を引き寄せ、3ヶ月であなたの新しい最高の人生をクリエイトします。あなたの人生に魔法をかけるライフコーチ。3人のやんちゃな男の子のママ。